変化
雨が多いですね。梅雨入りは遅かったはずなのですが。低気圧が
続くと気分も滅入り勝ちになりやすいと聞いたことがあります。
おまけにこの梅雨寒。家の前の棚田の稲も、イマイチ勢いがあり
ません。プランターの夏野菜も息を潜めている感じ。お米やお野
菜の高騰が心配です。そして湿度が高いと材も動き勝ちです。雨
降りの中、湿度が高いままの状態で基準面(平らな面)をつくっ
てしまうと、晴れて乾燥した時に反りが出る。晴れ基準、と言う
か、なるべくなら基準面は晴れた日につくっておきたいものです。先日の盲腸の手術・入院もそうだったのですが、この長雨も含め
世の中思い通りには行かないものだと、今更ながら痛感していま
す。でも40代も半ばになってようやく、どうにもならないこと
を受け入れる「柔らかさ」が身に付いてきたようにも感じていま
す。お百姓さんは常日頃から自然を相手に仕事をしておられるの
で、受け入れることに慣れている、という話しを聞いたことがあ
ります。手塩にかけて育てた農作物が、異常気象や獣害などによ
ってダメになるなんてことは普通にある話しな訳で。恨むよりも、
受け入れた上でまた前に進む。自然を相手にする第一次産業と呼
ばれるお仕事は、ある意味命懸けの覚悟と、ある種の諦観の境地
を併せ持って臨まないといけないのかも知れない。そんな風に想
像します。自然から離れれば離れるほど、その辺りの感覚が希薄
になるから不思議です。いくらでも便利に、いくらでも合理的に
物事を勧められると、どこかで錯覚してしまっている気がします。
里山の古家に籠もりもうじき8年、油断すると家そのものを呑み
込んでしまう「草」と格闘し、野の者の存在をとても身近に感じ
つつ、無垢材を加工してものづくりを続ける日々のお陰で、少し
だけ見失っていた感覚を取り戻すことができつつあるのかも知れ
ない。そうだったら良いなと思う。自分の中の、小さな変化です。













徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
小休止 〜一週間ほどの〜
6月頭の「にわのわ」が終わって今年の前半戦の予定が滞りなく
終了し、8月から始まる後半戦の展示に向けての折り返し地点。
ここしかない!というタイミングで、ほんの一週間ほどお休みを
頂いて参りました。大変恐縮な話しなのですが、贅沢にも近場に
フラッと一人旅。旅好きの家内も、今回ばかりは快く送り出して
くれた次第です。基本的に体調の回復と英気を養うことが今回の
目的だったのでウロウロと観光などすることもなく、風呂なしワ
ンルームマンションのような部屋で上げ膳据え膳の贅沢を堪能さ
せて頂く。家にはないテレビがあるもんだから、一週間もあるし
カード(有料のプリペイド式)買っとくか!と勇んではみたもの
の、やっぱり使い切れずたっぷりと余ってしまいました。テレビ
はやっぱなくてもいいかな。TVerがあれば僕は十分な気がします。お料理はと言えば、多少「京風」を意識しているのか全体的に薄
めの味付けで、若干甘め寄り。なぜかしら、二日目の朝ごはんの
重湯が美味しかった。正直に言うと、あまり口に合う訳ではなか
ったのですが、これもまた心づくしの滋味溢れるお料理ではない
かと思い直し、残さずすべて美味しく頂きました。ほとんど部屋
に籠もりっきりで本ばかり読んでいたにも関わらず、体重が少し
減っていたのも、この食事のお陰かも知れません。この一週間、
本当に本が読めたなぁ。文庫本を2冊と半分。いつもは布団に入
って寝落ちするまでのわずかな時間でしか読めないので、ある意
味これが一番の贅沢だったのかも知れない。万城目学に恩田陸、
貴志祐介とメジャーどころばかり。万城目学を除いて、若干作家
のチョイスにミスがあったような気もしますが、今回の旅のため
に用意したという訳でもなく、まとめてブックオフで買ってくる
100円の文庫本の残りがこの3冊しかなかったという…。3人
とも初めましての作家さんじゃなかったので、この中でだと万城
目作品を絶対的に最初に持ってくるべきだという確信は持ててい
ました。恩田作品は…やっぱりちょっと苦手かな。ちなみに難し
い本や自己啓発本みたいなのは苦手です。物語に浸りつつ、俯瞰
で楽しめるのが理想。iPodも持っては行ったけれど、意外と音楽
を聴こうとは思わなかった。深く考えずにクルマから外してきた
iPodはラジオチューナーが付いていない世代のものだったらしく、
深夜ラジオを楽しむという目論見が外れた時点でiPodそのものか
ら興味が薄れてしまった、という背景もあったりなかったり…。

長々と書いてしまいましたが、しっかりとお休みを頂いた分ここ
からはバシッと頑張って参りますので令和元年後半戦も引き続き、
どうぞよろしくお願い致します!僕はもう、すっかり元気です!














 
徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
距離感
隠れた定番シリーズ第2弾、という訳ではないのですが…。DM
ボックスという名前で割りと長くつくり続けている定番品。はが
きサイズの薄い箱なのですが、捨てるに捨てれない生活感溢れる
DMの指定席として、大切なはがきはここに入れて、フタの代わり
にお気に入りの絵はがきなんかで目隠しをする。そんなイメージ
でつくり始めたもの。スタッキングできるようになっていて、積
み重ねた様が古道具なんかで見かけるスチール製の小引出し(書
類箱?)みたいに見えるようデザインしました。手前味噌ですが、
とてもよくまとまったデザインと使い勝手だなと自負しています。さてそんな定番品「DMボックス」の、先日のにわのわでのお話。
DMボックスをお買い求め頂いたお客様が、「とても気に入って
いて、実は4個目なんです」とお話してくださいました。本当に
作家冥利に尽きるエピソードなのですが、それ以上に嬉しかった
のは、「ネットショップでもお求めいただけますよ」とお声掛け
した嫁さんに「出会った時に買い求めたいのです」とお答えにな
られたこと。工場で大量生産されたプロダクトとは異なり、一つ
一つに例えば木目であったり色目であったり、個性というか個体
差が付きまとう「作家もの」と呼ばれる我々のような手仕事との
向き合い方、あるいは距離感みたいなものが、とても心地よく感
じられたのです。勿論、ネットショップを否定するつもりは毛頭
ありません。日本全国を行商して回ることができない以上、ネッ
ト販売というシステムのお陰で我々の作品を手にしていただく機
会が広がっているという事実はとてもありがたいことですし、今
の世の中の主流のひとつにまで成長した分野だと認識しています。
ただシンプルに、その場の直接的な「出会い」を大切にするお買
い物って、改めて素敵なものだなと感じた次第なのです。かく言
う僕も、アマゾンやら楽天やらがなければ不便で仕方がないよう
な土地に暮らし、その恩恵を十二分に受けている人間。もっと言
うと街に出たところで出会えないものが、パソコンのディスプレ
ーの奥には延々と広がっている。だからこそ、そんな直接的な「
出会い」を楽しんでおられたお客様を少し羨ましく思い、同時に
嬉しく感じたのだと思うのです。去年くらいから復活したという
か、再び出展し始めたクラフトフェア。やっぱり楽しいものです。











徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
ブックスタンド(Semi-Aco的、本立て)
これも実は古くからつくり続けている定番。でもあんまり表舞台
に出て来ることのない、隠れ定番的な存在なのかも知れない。実
際にじゃんじゃん売れるようなモノでもないし、感覚的にはチラ
ホラ売れる、という認識。主に男性からの食いつきが良いのも印
象的な作品。事実、僕自身が欲しくてつくり始めたのだからやっ
ぱり男性目線なのかも知れない。ベッドサイドやリビングの片隅
に「ここは自分の世界!」ってな感じで結界を張ってやる、そん
な思いがこぼれ落ちているのかも知れません(笑)。切実っす!イメージの根っこにあるのは飛騨時代、木工会社のリビングライ
ン(主にソファー等を制作)にいた僕は色々なデザインのソファ
ーを見るに付け、サイズダウンすればブックスタンドにイイよな、
などと常々考えていたのがそもそもの始まり。画像では分かり辛
いのですが、実際の本の納まりは後ろに若干傾いていて、安定感
を増しています。これもソファーやアームチェアーから頂いた着
想。ネタばらしが過ぎているかも知れませんが(笑)、控えめな
思い入れが溢れ出しているのだとご理解頂ければ幸いです(笑)。

すっかりお皿が中心の作家みたくなってますが、それ以外も色々
とつくったりもしているのです。改めてご紹介してゆければと…。













 
gallery comments(0) trackbacks(0)
千葉遠征後記
今年も行ってきました千葉遠征!去年10月の「工房からの風」
以来の上京&長距離ドライブ。10時間超えの運転と言うと驚か
れることも多いけれど、そこは経験がモノを言うというか、実は
それほど気にはなりません。それよりも後部座席のベンチシート
で過ごす嫁さんとハルコ嬢の方が疲れるかも。ハルコ嬢は大きな
ぬいぐるみを持ち込んで、背もたれ兼まくら兼肘掛けといった具
合に上手く活用しつつ長距離移動を楽しんでおられた様子。あと
は図書館で借りてきた大量の本とマンガ(毎日かあさん)様様!
助手席でiPodで音楽を聴きつつ本を読むカンタも、寝たり起きた
りを繰り返しつつ、特に感想も感傷もなく移動時間をやり過ごし
ていた様子。首都高入ってもスカイツリー見えても見向きもしな
い。雲の切れ間から見えた富士山には薄らと反応したのだけれど。「にわのわ」を好きな理由は前回の投稿でも少し書いたのですが、
やっぱり今回も気持ちが良かった。10時間軽バンを運転してで
もあの場所に立ちたいと思える何かがある。生来単純な人間なの
で、スタッフの人の対応が気持ち良いとか、細やかなしつらえに
個性が光っているとか、搬出時の会場出口に実行委員長が控えて
おられて、それぞれの帰路に着く出展者をにこやかに送り出して
くれるとか、そんな細やかな対応にコロッといってしまうのです。
出展回数を重ねることで、初めましての方だけでなく、2回目3
回目とお会いする方、すっかり顔見知りになって親しく言葉を交
わせるようになった方、いろんな「ともだち」と会えるのも財産
なのだと感じています。少なくともアウェー感はないですし(笑)

今回も当ブースにお運び頂いた皆様、お買い求め頂いた皆様、そ
してにわのわスタッフ並びにボランティアの皆々様、本当にあり
がとうございました。宿泊したホテルの空調が合わず、喉がガラ
ガラな2日間でしたが本当に楽しかったです。今年も雨が降らな
かったのも流石の一言!毎年スタッフの皆さんが会期中の安全と
好天を祈念してお参りに行かれているとのこと。胸が熱くなりま
す。単純な男です(笑)。でもそんな思いはきっと伝わっている
はず。またあの場所に立てるよう、真面目に実直に日々精進です。












 
業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
今年もniwa nowaへ
ものすごく暑い日が続いたかと思ったら、昨日今日の朝晩はスト
ーブをつけたくなるほどの冷え込み。新年度からの疲れが出やす
いこの時期にこの寒暖差。くれぐれも体調管理費はお気をつけて
お過ごしくださいね。僕はといえば気ままな自由業の身、子ども
たちの疲れた顔を横目に日々淡々と、粛々とものづくる日々です。さてさて、千葉県佐倉市にある佐倉城址公園を会場に開催される
野外展「にわのわ」。昨年に続き、今年もありがたいことに出展
させて頂きます。多分4回目の出展になるのかな?川村記念美術
館の芝生広場で開催されていた頃から出展させて頂いているので
長いお付き合いです。全国でたくさんの野外クラフト展が開催さ
れていますが、にわのわは何というか「オシャレさ」で群を抜い
ている気がします。細やかなつくり込みに抜かりが無い印象。き
ちんと会の個性が際立っていて、とても好きな野外展の一つです。

増え過ぎたイベントはやがて立ち行かなくなり、淘汰されてゆく
のが摂理のように感じます。無論、作家も然り。淘汰を乗り越え
た後、我々作家やイベントはある種の「住み分け」のような現象
に対峙しなければならなくなる。シビアな言い方をすれば、この
業界に生じたヒエラルヒーみたいなものと向き合わざるを得ない
状況がやってくる。自分がどの位置に軸足を置き、腰を据えて続
けてゆくか。クラフト展に出展したいなと思うとき、そんなこと
を考えたりもします。シンプルに、出したいと思うクラフト展に
出展させてもらえるような、選考に通るようなつくり手であり続
けたいと切に願っています。そのために自分が何をするのか。個
人的には極力余計なことはせずに、真面目にコツコツ良いものを
つくり続けてゆければそれで十分なような気もしています。それ
以上のことをしないと上には登れないよ、と言われれば、それな
りに真剣に考えるだろうとは思うけど、多分やらない気がします。
だってそれができるくらいならサラリーマン続けてたでしょうし。

正解のない世界を生きる個人事業主ですもの。家族の生活はしっ
かりと守りつつ、地に足を着けて着実に歩いていこうと思います。
この週末、佐倉城址公園でお会いできるのを楽しみにしています。
晴れて欲しいけど暑過ぎませんように!さ、最後の追い込みです!















業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
やっちまった件
つい先日のこと。ちょっとした不注意から携帯電話を壊してしま
いました。電源は入るし通話もできるから多少(大分)使い辛い
けど使えんことはないと思っていたのですが、たまたま入ってい
た保証が効く上に、色々なサービスを駆使すれば2000円ほど
で新しのに交換してもらえるとのことなので大人しく嫁さんの言
う通り交換してもらうことに。で、同じのが昨日やって来ました。でも正直なところ、本当に申し訳ないのだけれど、まったく心が
ときめかない。事実、壊れた時も「あ」と思っただけで、そのま
まそっとテーブルの上に置いたまま2日ほど放置していたし。思
い入れというものがまったくと言っていいほど無い。前に使って
た機種は気に入って大切に使っていたのですが、液晶がまっ暗に
なってしまいショップに持って行くと「もう修理できない」とあ
っさり言われてしまい泣く泣く機種変。それが今回の携帯。身の
まわりのものについてはなるべく気に入ったもので固めておきた
い僕にとって、今一番残念な存在がこの携帯電話かも知れません。
スマホにしろよ!という声が聞こえてきそうですが、現時点でス
マホの必要性はまったく感じていないし(スミマセン)、本当な
ら持たなくてもいい気もするけれど「子どものお迎えに要る!」
と言われれば返す言葉もなく、ほぼ惰性で持っているような状態。
ガラケーで気に入ったものが出てくれると良いのですが…。格好
良いかも?と思って調べてみると「防水・防塵機能」が付いてな
かったり。粉塵まみれの仕事柄やっぱりそれだとキツイですしね。

若い頃、お金がなくて当時流行り出した「レンズ込みで◯◯円」
みたいなメガネを使ったことがあります。でもやっぱり気に入っ
てる訳じゃないので大事にしない。なぜか「値段相応」の雑な扱
いをしてしまう。結果、早いタイミングで壊してしまい(確かメ
ガネのままサッカーしてて壊したような記憶が…)、それ以降は
多少背伸びをしてでも気に入ったモノを手に入れて大切に使う、
というスタイルに移行していったように記憶しています。結果的
に、その方が割安だったりもしますしね。でもせっかく縁あって
僕の手元に届いたこの携帯。次のお気に入りに出会うまでは大切
に使わねばと思う今日この頃です。ガラケー、需要ないのかな…。










 
徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
通常運転へ
気が付けば元号も変わり、10連休もゆくりさんでの展示も滞り
なく終わり、モラトリアムで現実離れした一週間をやり過ごした
後、まるで何事もなかったかのように作業場でものづくる日々を
取り戻しております。初夏のように暑かった週末がウソみたいに、
朝晩石油ストーブに火をつける5月の半ば。来月1、2日に迫っ
た「にわのわ」出展に向け、慌ただしく(若干焦りつつ)制作に
没頭しています。あれもこれも欠品していて嫌な汗が流れます…。非常に遅くなってしまいましたが、ゆくりさんでお会いできた皆
様、お運び頂いた皆様、そしてお買い求め頂いた皆様、今回も本
当にありがとうございました。連続4回目の展示ということで少
なからず不安もあったのですが、蓋を開けてみればたくさんの方
々にお運び頂けて感謝感激雨あられ。こういう思い切った挑戦も
悪くはないのだなあと感じた次第です。「業績の右肩上がり」を
前提に物事が進められていたサラリーマン時代。色々な矛盾や理
不尽に辟易し、最小単位でなるべく小さな事業にまとめる、借金
はしない、右肩上がりに固執しない、の3点を胸に刻み、この仕
事に舵を切りました。サラリーマン時代の経験(反動?)からか、
やるべきこととやるべきではないことがはっきりしている分、色
々なことが明確になっているような気もします。経営者的な感覚
はどこかに置き忘れて来てしまったみたいですね(笑)。ゆっく
りと自分の速度で、ボチボチ歩いていこうと思います。3年前の
ゆくりさんでの個展のタイトルが「目と手と心が届く場所」でし
た。僕にはそれくらいの距離感がちょうど良いのだと思うのです。












 
徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
最終日
4月13日から始まったゆくりさんでの個展「木なりの器」展、
本日最終日となります。長いと思っていた会期も、終盤に差し掛
かると本当にあっという間。気付けば元号も改まっていたり、世
の中的には10連休だったり。でも正直なところ「どこ吹く風」
てなもんで淡々と続く日常を、変わりなくやり過ごしております。最終日前日の昨日、在廊させて頂いた時に撮影した画像たちです。最終日の今日、のっぴきならない用事で開店時からの在廊はでき
ないのですが、用事が片付き次第、ゆくりさんに向かわせて頂き
ます。展示は大分スッキリとしたものになってしまってはおりま
すが、現物を手に取ってご覧頂ける絶好の機会です。連休最終日、
お疲れのところかも知れませんが、どうぞお運びくださいませ。
「サザエさん症候群」に負けないためにも、ゆくりさんで穏やか
な一時を過ごしてみられませんか(笑)?














 
業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
皿を彫る
昨日はゆくりさんで開催中の個展「木なりの器」展内の恒例企画、
皿を彫るワークショップが行なわれました。個展同様ワークショ
ップも4回目を迎えた訳ですが、午前と午後の2コマ、各10名
の定員は受付開始後すぐに満席になる人気ぶり!本当は自分でそ
んな風に言うのは可笑しいはずなのですが、未だにどこか他人事
のように「ゆくりさんスゴいなー」と只々感心している自分がい
ます。改めて、発信することとファンをつくることって大切なの
ですね。今頃何を言っている!という突っ込みがそこかしこから
聞こえてきそうな気もしますが、本当に、ひとえにゆくりさんと
DMを置かせて頂いている各お店様のお力添えのお陰だと感じてい
ます。この場をお借りして大きな感謝を。ありがとうございます。午前午後とも2回目のご参加の方が数名おられましたが、ほとん
どの方々が彫刻刀を持つのは小学生以来!という状態からのスタ
ート。最初の一刀に迷いと不安が集約されています(笑)。でも
本当に不思議なもので、例えば左端から彫り始められた方が真ん
中手前くらいでだんだんとコツを掴んでこられて、終盤は彫る音
もリズムも実に心地よく彫り進めて行かれる。結果、出来上がっ
た一枚のお皿に上達の過程が如実に現れてくる。本当に興味深い。
この方がお話ししてくださったのですが、「最初のガタガタのと
ころは修正せず、そのまま使おうと思います」という言葉に、つ
くり手の端くれとしてハッとさせられてしまいました。取り繕う
訳ではないのですが、なるべく綺麗に美しく仕上げるという視点
の他に、ありのままの仕事を見せるという潔さを垣間見たような
、初心に立ち帰る切っ掛けをもらえたような気がしました。ワー
クショップには「当たり前」という感覚を揺さぶる何かがある。上の画像は午前の部で下の画像は午後の部。意外と汗をかく作業、
この時期がベストなタイミングかも知れません。完成したお皿で
お菓子とコーヒーを頂くところまでがこのワークショップのプロ
グラム。「楽しかった」とお声を掛けて頂くのは本当にありがた
いのですが、こちらこそ、楽しかったり嬉しかったり、新たな発
見があったり忘れかけていたものを思い出させてもらったり。僕
自身にとっても得るものの多い時間なのです。ご参加くださった
皆様、そしてゆくりさんにも、ありがとうございました。展示は
5月6日(月)まで続きます。引き続きよろしくお願い致します。

ご参加頂いた皆さん、筋肉痛大丈夫ですか?(笑)











業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
| 1/92 | >>