僕の仕事
ワークショップというものに、特に思い入れがあ
ったという訳ではなかったように記憶しています。
そもそも「何かワークショップできる?」と聞か
れてその都度準備した、という感じ。しっかりと
木の板に彫刻刀で彫りを入れてお皿として仕上げ、
出来上がったお皿を使ってお茶とお菓子を頂く、
というスタイルが出来上がるまでには紆余曲折も
あったように記憶しています。曖昧な記憶ですが。この画像はへゼリヒさんでのワークショップ午前
の部にご参加くださった方々の作品。僕が口を酸
っぱくして言うのが「正解はない」ということと
「全部違うのが面白い」ということ。木工教室じ
ゃないんだから、キレイに上手につくることだけ
が目的じゃあない。同じクルミの板と同じ彫刻刀
を用意して始めても、間違いなく個性が出る。隠
そうとしても滲みでてくるものが。勿論、技量の
差や手先の器用さなんかで上手い下手は出てくる
かも知れないけれど、等しく「愛着」は得られる
はず。それが木の器とざっくばらんに付き合う入
り口になれば嬉しいし、すでに普段の生活に取り
入れておられる方にとっての新鮮な発見に繋がれ
ばそれも嬉しい。切っ掛けの場、であって欲しい。
こちらは午後の部の皆さんの作品。午前午後とも
力作揃いです。一生懸命で大らかで、皆素敵です。

モノをつくって売ることが、端的言うと僕の仕事
です。でもそれだけじゃ会社辞めて、安定した生
活を辞退してまで人生を方向転換した意味がない。
イヤ、意味がない訳じゃないけど、何か勿体ない。
ワークショップに参加して頂いて、ほんの数時間
普段使わない筋肉をフル活動して木の板を彫って
頂く。いつしか目の前の木の板と彫刻刀にだけ神
経が集中していって、つかの間非日常な時間が流
れる。そしてワークショップが終わった後に、我
々つくり手が生み出す作品たちの見え方、捉え方
が、ほんの少しでも変化していれば、と願うので
す。決して「どんなもんだい!」と自慢したい訳
ではありません。ただシンプルに、経験したから
こそ、多少なりとも苦労をしたからこそ見えるも
の、想像できるものが、きっとあるはずなのです。

きよし師匠じゃありませんが、小さなことからコ
ツコツと。僕がこの仕事を通じて出会った続けて
行きたいと願うことの一つが、ワークショップな
のです。展示を含め、可能な限り全国どちらでも
参ります。小学生以来の彫刻刀を握りしめ、木の
板を彫ってみませんか?つかの間の、非日常です。















 
徒然・・・ comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>