通常運転へ
気が付けば元号も変わり、10連休もゆくりさんでの展示も滞り
なく終わり、モラトリアムで現実離れした一週間をやり過ごした
後、まるで何事もなかったかのように作業場でものづくる日々を
取り戻しております。初夏のように暑かった週末がウソみたいに、
朝晩石油ストーブに火をつける5月の半ば。来月1、2日に迫っ
た「にわのわ」出展に向け、慌ただしく(若干焦りつつ)制作に
没頭しています。あれもこれも欠品していて嫌な汗が流れます…。非常に遅くなってしまいましたが、ゆくりさんでお会いできた皆
様、お運び頂いた皆様、そしてお買い求め頂いた皆様、今回も本
当にありがとうございました。連続4回目の展示ということで少
なからず不安もあったのですが、蓋を開けてみればたくさんの方
々にお運び頂けて感謝感激雨あられ。こういう思い切った挑戦も
悪くはないのだなあと感じた次第です。「業績の右肩上がり」を
前提に物事が進められていたサラリーマン時代。色々な矛盾や理
不尽に辟易し、最小単位でなるべく小さな事業にまとめる、借金
はしない、右肩上がりに固執しない、の3点を胸に刻み、この仕
事に舵を切りました。サラリーマン時代の経験(反動?)からか、
やるべきこととやるべきではないことがはっきりしている分、色
々なことが明確になっているような気もします。経営者的な感覚
はどこかに置き忘れて来てしまったみたいですね(笑)。ゆっく
りと自分の速度で、ボチボチ歩いていこうと思います。3年前の
ゆくりさんでの個展のタイトルが「目と手と心が届く場所」でし
た。僕にはそれくらいの距離感がちょうど良いのだと思うのです。












 
徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/939
<< NEW | TOP | OLD>>