材の話し 2
前回の続きです…。一番期待していたお店の営業さんに先ず電話
を掛けてみる。「実はクルミがあんまり売れないもんで今はもう
置いてないんです。愛知の倉庫に置いてありまして…」マジっす
か!再び。送料の問題と何より実際に見て選べないのは辛い。岡
山県内の材木屋さんに片っ端から電話してみるも、オニグルミを
置いているお店が見つからない。そもそも「材木屋」さんの大半
は建築用の針葉樹を主に扱うお店。広葉樹を扱っていたとしても
割りと需要の高めなブラックウォルナットなんかの輸入材を少し、
といったところ。知り合いにも連絡して広葉樹を扱っているお店
を紹介してもらい、エリアを兵庫まで広げ電話をかけるも思うよ
うな材は見当たらない。さあ困った!ここら辺に来てようやく焦
りだした僕。飛騨の材木屋さんに連絡すれば間違いなくあるのは
分かっているのですが、できることなら近隣のお店で調達したい。腕を組み思案していると、そこに「ちょっと倉庫を確認してみま
す。」とのお返事を頂いた材木屋さんから折り返しの電話が。「
50〜60ミリの板が6枚ほどあります。」オオーッ!渡りに船、地
獄に仏、大海で浮木に会うとはまさにこのこと!早速アポを取り
材を見せてもらいに伺う。元々は製材所だったそうですが、現在
は工務店もされていて一枚板のテーブルも自社工房でつくってお
られるお店。デザイナーもののイスもならんだショールームも併
設されていてお店の方々もとても良い感じ。所謂「材木屋のオヤ
ジ」みたいな風情の方はおられません。妙に新鮮な感覚(笑)!
倉敷木材の皆さん、本当に助かりました。ありがとうございます。
一枚板のテーブル用に製材したのかな?という立派な厚みの材で
切り刻んでしまうのが勿体ない気がしないでもないのですが、背
に腹はかえられません。今月末からの展示に向けたくさんつくら
ねばならないのですから。後は入院中のルーターヘッドの帰りを
待って…。そう、こちらは未だ復活できず。機械屋さんでは手に
負えず、メーカーに送ってもらっている状況。一ヶ月が過たし…。













徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/881
<< NEW | TOP | OLD>>