材の話し
今のセミアコの主材(主に使っている材料)はオニグルミとブラ
ックウォルナット、ナラ、ホワイトオーク、チェリー…といった
ところ。その中でも押しも押されぬエース級の存在なのがオニグ
ルミ。皆さんもよくご存知のクルミの実のなる木。「食べられる
実のなる木」でお皿をつくる、というのは僕的にはストンと腑に
落ちるというか、何かしらの説得力みたいなものを感じてしまう。
コンスタントに使い続けているということは、コンスタントに買
い続けているということで、移住してきて以来、岡山市内の広葉
樹を扱う材木屋さんにちょこちょこと通い続けています。昨年末
に知り合いの紹介で廃業する木工屋さんからウォルナットの材を
まとめて分けてもらった関係で、少しご無沙汰ぶりにお店に連絡
してみると、開口一番「クルミがないんですよ」と仰る。取り敢
えず行って話しを聞いてみると「新築の内装と造作一式にクルミ
を使いたい」という理由でとある工務店さんが在庫分まとめて買
っていかれたのだそう。マジっすか?残っているのは薄板数枚…。まだ乾燥が終わっていないクルミは積んであるものの、使えるよ
うになるのは今年の初夏頃。アカンがな。間に合わへんがな。思
わず関西弁がこぼれます。取り敢えず必要なチェリーとナラを少
しだけ買ってお店を後にする。それが先月末、ルーターが壊れる
前日の話し。そう考えると立て続けに困ったことが起こったこと
になる。とはいえ、材についてはそこまで深刻には考えていなか
ったのですが。他にも目星がつかない訳でもない。ちょっと調べ
て明日から電話してみようと、ホント軽〜く考えていたのでした。

続く…。











徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/880
<< NEW | TOP | OLD>>