三人展
作家仲間の中には有名なお店や有力なギャラリーさんでの取り扱
い、展示を強く望む人がいる。とても自然で、当たり前な発想だ
と思う。ただ僕の場合、42(もうじき43)年の人生経験の中
で「今、頂点にあるお店との取引きが必ずしも最良とは限らない
」という持論がある。僕はこの仕事を長く続けたい。同じように、
一度お取引きを始めさせて頂いたお店とは長くお付き合いさせて
頂きたい。そのためには、なるべくなら苦楽を共にし共に成長出
来るような関係こそが僕にとっては理想なのです。パワーバラン
スも大切かも。どちらかの立場が強過ぎる関係も少し違う。僕が
日々向き合う素材である「木」に対して抱く畏敬の念。同じよう
な感情を抱ける人々との仕事こそが、僕自身をより高めてくれる。
スミマセン。何やら前置きがずいぶん長くなってしまいました…。

「沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展」
 2017 07 08(sat)〜07 17(mon)
 営業時間 11:00〜20:00
 MARKUS マルクス →
 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-15
        武蔵野カントリーハイツ112号

三人展のご案内です。今回お世話になるマルクスの店主さんも、
前置きにあるような感情を抱かせてくれる人。ご一緒させて頂く
沖澤さんと鈴木さんは、僕がこの世界に足を踏み入れた頃には既
に第一線で活躍しておられた方々。憧れ、目指した存在でもあり
ます。感慨深いのと同時に、有り難いなあという思いで一杯です。
お近くの方、関東近郊にお住まいの方々、是非お運びください。
よろしくお願い致します。











業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/848
<< NEW | TOP | OLD>>