つづくことの有り難さ
長い長いと思っていた会期も、過ぎてしまえば本当にあっという
間。充実していた証拠なのだと、今では少し懐かしくもあります。
4月1日から始まったゆくりさんでの個展、23日の日曜をもっ
て終了しました。お運び頂いた皆様、お買い求め頂いた皆様、遠
方で足は運べずとも、HPやSNS等を通じて展示をチェックしてく
ださった皆様、本当にありがとうございました。ある意味「実験
的」に急遽決まった会期の延長、ロングラン個展ではあったので
すが、フタを空けてみれば二度三度お運びくださるお客様がいら
したり、会期が延びたからこそお運び頂けたお客様がおられたり
と、とてもいい塩梅に進んだように感じます。会期が長い分、肩
の力が入り過ぎなかったのも良かったのかも。追加納品はほんの
少ししかできなかったけれど、常設展示との組み合わせで何とか
空間のバランスを取り続けてくださったゆくりさんにも感謝です。在廊できたのは初日とワークショップのたった2日。それ以外は
1日だけふらっと立ち寄らせてもらっただけだったのですが、そ
の都度お客さんから「来年も個展されますか?」とお声を掛けて
頂き、ゆくりさんからも「セミアコさんさえよければ是非」とい
う流れになって…。初日から来年の個展の話しをするなんて鬼が
笑うどころの話しではないのですが、そういった声を掛けて頂く
こと自体何より有り難いこと。早々に定員が埋まってしまい、ワ
ークショップにご参加頂けなかった方々もたくさんおられたよう
ですので、来年も是非めげずにトライしてみてください。僕はこ
の先もずっとこの仕事を続けてゆくつもりですので、いつか必ず
お会いできるものだと、ご参加頂けるものだと信じて疑いません。

会期中、3回にわたってパンの販売やコーヒースタンドの出店な
どを企画してくださったゆくりさんにも、感謝です。少しも間延
びすることなく、3週間を楽しく過ごせたように感じています。

来月は高知での野外展と島根県での企画展へと続きます。7月は
東京での三人展が。少なくともこの辺りまでは気を抜けない日々
が続きますが、今年の冬こそは何とか時間をつくって古家の修復
に手が回せるように、秋頃までは全力疾走を続けて行こうと思っ
ています。有り難い日々。つづけてゆくために、先ずは今日から。










業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/840
<< NEW | TOP | OLD>>