木婚式
ご存知でしたか?木婚式という言葉。木の仕事を
しているにも拘らず、恥ずかしながら僕は聞いた
ことすらありませんでした。銀婚式や金婚式と同
じように、結婚5周年を祝う言葉なのだそう。調
べてみれば、わりと細やかに色々な◯婚式という
設定がなされているようです。ウチはまったく気
付かないまま(知らないまま)とうに過ぎてしま
っていて、この5月には象牙婚式(14周年)な
のだそうです。…知らないことにし続けときます。
18日の火曜日、ゆくりさんでのワークショップ
を開催させて頂きました。ご参加頂いた中に、木
婚式の記念に参加してくださったご夫婦がおられ、
そのご夫婦に木婚式という言葉を教えて頂きまし
た。素敵だなあ。ただ木のものを買うのではなく、
ワークショップに参加して自分達が使うお皿を彫
る。そこにはきっと、少しの苦労と筋肉痛がつい
て来る。「思い出」や「記憶」になり得る要素が
たくさん詰まっている。参加者の皆さんに気付か
れないよう、そっと一人感動するおっさん(僕)。
長くワークショップをやらせて頂いているけれど
今回のようなケースは初めてのことで、じんわり
とした温もりを、今もまだ胸に感じ続けています。

在廊時にお越しくださったお客様がワークショッ
プにもご参加してくださったり、去年に続き2度
目のご参加の方がいらしたり、とても賑やかで楽
しい時間を過ごすことができました。勿論、皆さ
んそれぞれとても素敵なお皿を仕上げられました。

準備や下ごしらえにそれなりの手間暇が掛かるの
は事実なのですが、終わった後の充実感は少し特
別なものがある気がします。不安な顔、苦労して
おられる顔、コツを掴んだ顔、仕上げの時の晴れ
やかな顔。最後にケーキをのせてお茶をするとき
の笑顔へと続く表情の変化は、ふと僕自身を初心
に返らせてくれるのです。木工は楽しいのだと。

今回もご参加頂いた皆様、本当にありがとうござ
いました。そしてお疲れ様でした。それぞれのお
皿をガンガン使ってたまにメンテナンスして、そ
れぞれの一枚を育ててあげてください。筋肉痛が
そろそろ癒えてくることを願いつつ…(笑)。











徒然・・・ comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








先日はワークショップでの楽しい時間をありがとうございました。
結婚5周年の忘れられない大切な思い出となりました。
加賀さんの作られる作品が大好きでゆくりさんで展示会があると知り心待ちにしていると結婚記念日当日がワークショップだったのでこれは運命だ!と思い主人に会社を休むよう言いました(笑)
自分達で作った作品を見るたび木婚式の素敵な1日を思い出せる事を嬉しく思います。
本当に貴重な体験をありがとうございました。
これからも加賀さんのご活躍を楽しみにしております。
from. Arisa Ikeda | 2017/04/20 21:42 |
Arisa Ikeda 様

こちらこそ、先日はありがとうございました。
特別な日にお会いできたこと、嬉しく思っています。
運命を感じて頂いたことと、会社を休んで頂いたご主人に感謝です(笑)。
またお会いできるのを楽しみにしています。
末永く、お幸せに!
from. Semi-Aco | 2017/04/21 07:00 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/839
<< NEW | TOP | OLD>>