Mar 2017
ヤバ!もう3月やん…。思わず関西弁で書き出してしまうくらい、
早くも3月突入です。2月よ何所へ行った?もう帰ってこないの
かい?…ただただ焦ります。今年最初の展示を控え、ひっちゃか
めっちゃかな日々を過ごしております。カウントダウン突入です。
写真は半月ほど前でしょうか。今年最初の材料が届いた図。まと
め買いがお得、なはずなのですが、普段から割れが入っていたり
丸太の中から売れ残ったりした板を率先して買ったりしているの
でそれほどのお得感はありません。適材適所じゃないですが、割
れのないキレイな材はなるべくならテーブルや何かの家具材とし
て使ってあげた方が材も喜ぶ気がします。例えばお皿のように、
最初から刻む(細かく切る)のがわかっているのなら、用途に適
した材、例えば真ん中くらいまでパカッと割れが入っている材で
も用途には見合う訳で。材木屋さんで長いこと店番している材を
見ると、何とかならんかな…とぼんやり考えてしまいます。金銭
的な余裕があれば「じゃあこれも」なんてサラリと言えてしまう
のかも知れませんが、現実はとてもとてもシビアです。タイミン
グを見計らいながら、「また来るわ」と材に一言残して家路につ
きます。「あー、あの人に使ってもらいたいな」、「あー、この
人のところに来れて良かったな」…。材からそんな風に思っても
らえるつくり手になれたなら、どんなに幸福なのでしょう。科学
は苦手ですが、この仕事を続けてゆくためにも、研究は必要です。

さてさてこの材の山、いったいどれくらい持つのやら…。










徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/832
<< NEW | TOP | OLD>>