自転車
自転車に初めて乗れた頃の記憶はまったく無いけれど、原チャリ
に初めて乗った時の記憶は鮮明にある。どこへでも、どこまでも
行けるという感覚、興奮。程度の差はあれど、多分自転車に乗れ
た時も同じような気分だったのではと想像する。京都の住宅街に
生まれ育ち、盆地特有のアップダウンの少ない平坦な地形にも恵
まれ、高校までは自転車がまさに日常の「脚」でした。やがて原
チャリを手に入れ、自転車からは随分と遠のいてしまうのですが。
話しは現代に戻って。カンタの自転車が小さくなってしまいまし
た。イヤ、正確に言うとカンタがデカくなり、自転車のサイズが
合わなくなってしまった、という…。早いなデカくなるの。我家
は普通に山の中なので、自転車で友達の家に遊びにいく、という
こと自体簡単なことではない。遊ぶ約束をしてくると、軽バンに
自転車を積み、友達の集まる場所へ嫁さんが送迎する。大変です。
カンタからの申告を受け、自転車に乗ったカンタを見てみる。確
かにサイズ感がおかしい。カンタの身長は140cm。26インチの
自転車に乗れなくもないけれど、最近よく耳にするフレームやフ
ロントフォークがちょいちょい折れるような安価過ぎる自転車は
買いたくない。出来ればもう少し大きくなってから、ちゃんとし
た自転車を買ってあげたい。どうしたもんかな…と考えて、ふと
閃いた。高松の住んでいた頃に乗ってた僕の自転車。いわゆる小
径車で、何年か前にカンタが「乗ってみたい」と言った時にはサ
イズがまるで合わなかったのに、今またがってみると全く以て違
和感無し。ブレーキレバーが少し遠そうだけれど、問題ないとい
う。それならばとキレイに掃除し、オイルスプレーとグリスでメ
ンテナンス。ポキッと見事に折れてしまっていたスタンドは(ち
ょっと特殊です)メーカー在庫はないものの、BD-1という自転
車のモノが流用できるらしく、ポチッと購入。便利な世の中です。
これにて今回の「カンタの自転車問題」はめでたく解決。本人も
ご機嫌で、小学校帰りに「ちょっと乗ってみる」とチョロチョロ
してるみたいです。とはいえ、今からコツコツ自転車貯金してお
かなくちゃ、です。ハルコの自転車も考えてあげないとな…。彼
女はやっぱり2番目。宿命のお下がり人生爆走中ですので(笑)。














家族サービス comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/830
<< NEW | TOP | OLD>>