CAMPING
おおよそ3年ぶりに、一泊二日でキャンプに行ってきました。数
少ない我家の趣味の1つなのですが、ここ数年は流石に余裕もな
く、テントもタープも「カビ生えるんじゃないか…」って感じで、
裏庭にテントを広げて虫干ししてみたり。でも運良く9日の午後
から10日にかけては何も予定がないことが判明し、天気のこと
はこの際気にせず強行してきました。クラフトフェアで鍛えられ
たのでしょうか。小雨が降る中の設営でもまったく怯むことなく、
淡々とタープを広げ張り縄をベグダウン。メインポールを立たせ
れば後はこっちのモノ。雨が凌げる場を拵えてから子どもたちに
遅めの昼ご飯を食べさせるためのテーブルとコットをセット。そ
してテントを張ってレイアウトを定めてペグダウン。3連休の中
日とあってキャンプ場はとても混み合っていて、フリーサイトと
はいえお隣さんに「隣、いいですか?」と挨拶して確認しなけれ
ばならないほどの混雑ぶり。キャンプ場のおばちゃん曰く「9月
からの台風で予定を繰り下げた人が多いのよ」。なるほど納得で
す。そもそも3連休に思いつきでキャンプに行くのが間違ってい
る訳で。それでも2日目には雨も上がり、早々に撤収して行く遠
方からのキャンパーを後目に、終盤はご覧の通りの貸し切り状態。
これはこれで、思いっきり遊べる分ある意味ラッキーだったかも。とはいえ雨の降る初日の夜は寒かった(キャンプ場は蒜山高原)。
近所の温泉につかった後は早々に寝袋に潜り込む。興奮して騒ぎ
立てる子どもたちに「家と違うで!お隣さんもいるんやから!」
と、何とも本末転倒な発言。我家の東側のお隣さんは遥か向こう。
西隣には家すらないしね。大声で泣こうがケンカしようが、そう
いう心配(近所迷惑)とは無縁の立地条件。ま、作業場として使
える場所を探しに探したんだから当然と言えば当然なのですが…。

1日半とはいえ、腱鞘炎気味の手首をしっかり休めることができ
ました。彫り進める圧力さえかけなければ痛みはありません。そ
の証拠にボール投げれてるし(笑)。心身ともリフレッシュです。











家族サービス comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/810
<< NEW | TOP | OLD>>