満月
昨夜は満月でした。
作業場からの帰り際、水銀灯を落として外に出ると妙に明るい。
雪の夜も独特の明るさがあるんですがチト違う。
ほんの少し靄がかかっているものの満月の月明かり。モノトーンとは違う、青味がかった景色。
そう見えるのは僕だけかな?
最近の高山は日中8度前後まで気温が上がり、ガリガリ働いてると暑いくらい。
雪どころの話じゃぁなくなってきた。何なんだか。

こないだの土・日、嫁さんがお世話になってる友達のご主人が設計施工した家の見学会があった。
新在来木造構法』という工法で建てられた家。模型を使って説明してもらうと、なるほど理に適ってる。
そして何より温かい!家の中だけすっかり春!イヤ、初夏?ってくらい。
寒冷地で生まれた工法とのこと。興味のある方はリンクでチェック。
もう一つ興味深かったのが『オープン工法』である点。つまりフランチャイズでノウハウと看板を分けてもらう、
という仕組みではなく、ヤル気があって勉強すれば誰でもが自由に使える工法である、ということ。
いいじゃぁないですか、そういう姿勢!“看板頼み”がまかり通ってる昨今の建築業界。個人的に好きです。

この“完成見学会”とか“内覧会”っていう響き、実は久しぶりに聞いたコトバ。
木工始める前、住宅設備機器メーカーで営業をやってた僕は、説明要員としてチョクチョク参加してました。
お客様をお迎えする側として。
客(家を構える予定もメドもないから正確には客ではないのですが・・・)としてお邪魔すると少し変なかんじ。
若干緊張しました、ええ、慣れてないもんで。

僕は木工をはじめる前“職人”という言葉に、保守的な(伝統を守り続ける)イメージを持っていました。
ところが、実際は“新しい技法を探求し、受け入れ、より良いやり方仕方を追求する姿勢を持った技能者”を
“職人”と呼ぶのでは?と、考えを改めつつあります。
イヤ、そうありたいなぁと思っています。僕が“職人”になるなんて遠い遠い先の話ですが。

有限会社 Bio -ビオ- の住さんに出会って改めてそう思いました。
勉強になりました。ありがとうございました。
徒然・・・ comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://semiaco.jugem.jp/trackback/124
どこか懐かしいシックな和のアレンジ プリザーブドフラワープリザーブドフラワー 嘉福満月【あす楽対応_東北】【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】 【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】あす楽対応_四国】商品価格:
| 今日の押さえておくべき重大ニュースダイジェスト | 2009/02/10 07:24 |
<< NEW | TOP | OLD>>