キカクガイ(non-standard)
一点ものに挑戦したい、などと勢い余って書いてしまいましたが
残念ながらそんな突拍子もない作品をつくれるようなタマでもな
く…。その意図というか、言わんとするところを改めて補足させ
てください。実際にやってることは大して変わっていませんので。「同じ形を何個も何個もつくれる技術と芯を身につけたい」とい
う思いは、今も変わらず在ります。そしてその思いが、いつしか
加賀雅之という木工作家の特徴の一つになっていた、ということ
も僭越ながら認識しています。ただ「規格の寸法」という物差し
をかざすばかりに、歩留まり(ムダの出ない)の良い材、悪い材
という区別が生まれたり、少しばかり寸法が足りないがために一
回り小さい作品にしか使えなかったり、規格がある上の理不尽さ
みたいなものを感じ始めていたのも事実でした。今回「工房から
の風」を機会に新たに挑戦してみようと思ったのは、いわばマイ
ルールに過ぎない「規格」に囚われることなく、材(木)本来が
持つ自然なカタチをなるべく無駄なく活かした作品づくり、とい
うシンプルな着地点です。なので意図的なカタチではありません。
僕の意図としてはせいぜいバランスを整えるくらいのもので、大
枠としては材そのもののカタチから、白太や割れなどを取り除い
た程度。あとは使いやすそうなサイズ感のみです。多少は僕らし
いと感じて頂けるよう、刃物の種類は変えていますがこれまでの
スタイルを踏襲してみたつもりです。とんでもない作品を期待さ
れていた方にはスミマセン。直球勝負ばかりやって来た僕の、思
いつく限りの変化球が緩いカーブだった、くらいの話しなのです。

「工房からの風」当日を前に、これが最後の更新となります。先
ずは2日間晴れることと無事に楽しめることを願って、一路東へ
と軽バンで目指します。たくさんの良き出会いに恵まれることを
願って。鎮守の森で、お会いできるのを楽しみにしております。











gallery comments(0) trackbacks(0)
楕円豆皿
「工房からの風」を直前に控え、慌ただしく作品の紹介なんぞし
ております。普段からちょこちょこと紹介しておけば良いものを
気がつけばほとんど仕事(木工)とは関係のないことばかりダラ
ダラと書き綴ってしまうこのブログ。タイトルに「木のものづく
り」と謳っているにも関わらず、です。いやはや何とも面目ない。言い訳ばかりで恐縮なんですが、自分のつくったモノの写真を撮
る機会があんまりないもんで、そうなる傾向にあります。画像と
文章がまったくリンクしてないのも何だかなあって気もしますし。そういえば嫁さんが管理人を勤めるインスタグラムも、ここ数日
は熱心に更新されている様子。僕が管理するこのブログと内容や
画像がリンクしないのはご愛嬌。手磨きにオイル塗り、梱包作業
に梱包資材の買い出し、手配など、普段の子育てと主婦業に加え、
まさに大車輪の活躍!これ以上贅沢をいったらバチが当たります。
三連休、ヒマを持て余したハルコさん(小2)、作業場の掃除を
買って出てくれました。常に何かしら喋りながら、時には「ハル
コはどこに隠れているでしょうか?」などとのたまいながら。機
械を回す時以外はなるべく自由を与えつつ、この家のピンと張っ
た緊張感を幼心に感じ取り、彼女なりに出来ることを考えた結果
の行動であることを理解している父としては、無下に「邪魔!あ
っち行け!」と言うこともできず、「自宅兼工房あるある」の一
つやな、などと思いながら黙々と手を動かすのでした。お兄ちゃ
ん(小6)は什器に使う板にペンキを塗ってくれました。途中、
宿題が終わっていないことが発覚し嫁さんにひどく怒られてまし
たが…。今は大事な時なんで空気を悪くするのはやめましょうね。

豆皿の話しは…画像が3つもあるので大丈夫かな?いい感じです。
個人的にも気に入っているアイテムです。現物を手に取ってご覧
頂くのが一番だと思いますので、今週末は是非工房からの風へ!












 
gallery comments(0) trackbacks(0)
ヒトエダサシ
「工房からの風」のHPに載せて頂いている画像は、申し訳ないの
ですが新しく撮影したものではなく、少し(だいぶ?)前に撮影
したものばかり。なのでモノによっては前にもどこかで見たこと
のある画像だったかも知れません。勿論、HP掲載に向けて新たな
画像を準備しようと画策していたのですが、画像の提出期日まで
にスッキリと晴れた日がやってこず、自然光で撮影する僕にとっ
ては何とも暗い絵面になってしまう。たまに晴れても今度は仕事
の手が離せない。きっと以前の僕なら、それだけでイライラして
「晴れてくれ!」などと叫んでいたに違いない。でも今回は少し
違って「まぁしゃーないか」と素直に受け入れている自分の姿が。
とは言え、元々マメに写真を撮る習慣のない僕にとって画像問題
はいつもいつでもついて回る厄介な課題の一つでもあるのです。カメラマンの友人が以前「撮影は基本『待ち』だから」と教えて
くれたことがあります。自然光で撮影する場合は特に、一番良い
状態の日差し(光)になるまで撮影すらせずにひたすら待つのだ、
と言って子ども達と遊んでいた彼女を思い出します。照明設備の
充実した環境ならいざ知らず、なるほどそういうものなのかと妙
に納得したものです。ここ最近の荒天続きにはいくら文句を言っ
ても言い足りないけれど、言ったところで何にも変わりはしない。
諦めて画像を送った数日後、久しぶりに気持ちの良い秋晴れが広
がったので、ここ数日ご紹介している画像の撮影と相成りました。

で、ヒトエダサシです。イチリンザシよりも大振りなもの、枝も
のを飾りたいという思いからつくり始めました。散々考え、悩ん
だ結果、死ぬほど素っ気ないカタチに落ち着きました。この勇気
と英断を、ほんの少しでも感じ取って頂けたら本当に嬉しいです。

件のカメラマンの彼女、人を撮る時は時間を掛けて人間関係を構
築し、心を開いてくれるまでは一切カメラを向けない、というス
タイルでした。それもきっと『待ち』の一つだったんだろうなと
今なら分かる気がします。焦っても仕方ない。ボチボチいきます。











gallery comments(0) trackbacks(0)
round plate(ラウンドプレート)
「おごらず、人と比べず、面白がって平気に生きなさい」

なんて素敵な言葉なんだろう。先日亡くなられた樹木希林さんの
言葉です。こんな風に生きれたらと、心から思う。44歳になっ
た今も、フラフラとグラグラと必死に取り繕う日々。せめて「も
のづくる」ことに対してくらい、希林さんの言葉通りでありたい。round plate(ラウンドプレート)という名でつくり始めた楕円
皿。せっかく旋盤(丸いお皿や丸棒をつくる機械)を持っていな
いのだから、まん丸じゃないお皿をつくった方がらしさが出る。
アタマの中のイメージとしてはずいぶん前からあったのですが、
実際にカタチにできたのはまだ最近のこと。oval(オーバル)と
いう言葉は昔からよく耳にするので違う言葉を使いたい、と思っ
てround(ラウンド)という言葉を選びました。roundには円形
という意味の他に「ほぼ丸い」という意味もあって、これが僕の
中にあったイメージにピッタリで、実にシックリときたのです。画像はありませんが、お皿の裏側には「手仕事」の跡がちゃんと
残っています。写真に撮るとなんて素っ気なくて華のないお皿な
んだと少し寂しくもなりますが、現物はそれなりに存在感もあり
ます。是非とも現物を手に取って、心ゆくまでお確かめください。











gallery comments(0) trackbacks(0)
bar plate(バープレート)
本来なら10月こそが台風シーズンだったような気もするのです
が、昨今の気候変動のズレは「〇〇のシーズン」なんて概念を軽
く覆してくれます。真冬でもトマトやキュウリを食べられるよう
にしたのは人間なのだから、その責任の一端は我々自身にもある
のかも知れない。そんな妄想はさて置き、被害に遭われた方々が
一日でも速くこれまで通りの日常を取り戻されますことを心から
お祈り致しております。しぶとく何度でも復活してやりましょう。沈み勝ちな気を何とか取り直して、工房からの風まで2週間を切
りました。とても順調に準備が進んでいるとは言えませんが、日
々制作に励んでおります。同時につくっているモノの紹介もして
ゆかなければ、と焦っております。ダラダラと続けているこのブ
ログ、仕事のことはほとんど触れられておらず、さすがにちょっ
とくらい作品のことも紹介してゆかねば。で、バープレートです。
はじめはとあるお店からのご依頼でつくらせて頂いたデザート用
のお皿でした。聞いたことも見たこともないサイズ感とバランス
で、正直「大丈夫かいな」と思ったものです。納品後しばらく経
ってから、もう少しだけ実用的なサイズ感に見直した上、更には
バランス的に刃物の彫り跡は細かい方が美しい、という判断から
現在のカタチに落ち着いた次第です。用途については、特に限定
していません。お話しする機会があれば、デザート皿から生まれ
たというお話しをさせて頂くことはありますが、使い方は自由で
す。厚みがある分、それなりにインパクトもあるのでテーブルの
上でも存在感があります。是非実際に手に取ってお確かめくださ
い。「工房からの風」で、お待ち致しております。











gallery comments(0) trackbacks(0)
豆皿
思いがけず、木のお皿をたくさんつくらせて頂くこととなった2014年上半期。
せっかくのこの流れを、特注品として注文数を製作しただけで終わらせてしまうの
は勿体ない。手に取りやすいサイズ感で新しいシリーズとして、レギュラー製品と
してラインナップに加えたい。果たして、そんな思いが一つのカタチとなりました。
画像は10cm角の豆皿。正方形を綺麗に並べたり、重ねたりしながら展示したい。
そんなことを考えながらつくってみました。次は5寸もつくってみるつもりです。
らしくないかも知れませんが、極自然な流れでできた製品なので気に入っています。







gallery comments(0) trackbacks(0)
ガラスの蓋もの
来月11日の建国記念日から始まる「Semi-Acoの道具展とsennro cafeの焼菓子
」に向け、準備を進めております。当然のことながら「木」一辺倒になり勝ちな
展示に、絶妙なアクセントをつけてくれるもの。香川県高松市在住のガラス作家、
蠣崎允さんのガラスにSemi-Aco謹製の蓋を合わせたキャニスター(蓋付き容器)
10個。今回の企画展を前に、蠣崎君に無理言ってつくってもらいました。昨年11
月のフィールドミュージアム SA・NU・KIにてコラボさせてもらったものの水平
展開です。何年か前にゆっくり蠣崎君と話す機会があり、その時彼が話してくれた
「どれだけ(型ガラスのように)正確につくったとしても、手仕事の味はにじみ出
てしまうものだから」というニュアンスは、僕の中にも静かに響いたのでした。photo by non 岡村 special thanks 蠣崎允

一番下の写真は我家で実際に使っているもの。コーヒー豆とメジャースプーンを入
れっぱなしにして使っています。密閉容器ではありませんので長期保存には向きま
せんが、短期間で使い切れるものを収納するのにはオススメです。今回の企画から
すると、焼菓子を入れるのが正解のような気もします。空っぽでも絵になりますが。

すべて手吹きガラスのため、高さや直径などサイズはバラバラです。一つ一つのサ
イズに合わせ、蓋を製作しておりますので「この蓋をこっちのガラスに…」という
訳にはいきませんのでご了承願います。ちなみに蓋の樹種はブラックウォールナッ
トが3個、山桜が1個、ブナが2個、レッドオークが2個、オニグルミが2個で、合計
10個となっております。一期一会を楽しみに、是非ともお運びください。

尚、会期中 2/16(日)2/17(月)はお休みですのでご注意願います。
よろしくお願い致します。






gallery comments(2) trackbacks(0)
sennroにて
備前市吉永にあるカフェ「sennro cafe」にて備品として使って頂いている「カト
ラリーbox」。そもそも現在の仕様の「カトラリーbox」の生みの親ともいえるse
nnro cafe。ある程度の数が必要となる店舗用備品としての使い勝手から、スタッ
キング仕様という発想をくれたのがここでした。単純に便利だもんね、重なる方が。
photo by Non Okamura special thanks「sennro cafe」

写真に写っているのはレギュラーサイズの「カトラリーbox」と、その親玉とも言
えるデッカい箱。こちらはレギュラーサイズ4個分の大きさで、この中にカトラリ
ーを入れておき、お客様の人数にあわせてレギュラーサイズにセットしてお持ちす
る、という仕組み。忙しい時間帯にはイメージ通りとはいかないだろうけど、こう
いうちょっとしたところにも気を配る姿勢が、「sennro cafe」の魅力そのものな
のだと思う。時間の掛け方というか、想いの表し方というか。芯の部分、骨格の部
分のイメージが明確だからこそ、「らしさ」が生まれるのだと思う。大切なことだ。

ちなみにデッカい箱は特注品です。「sennro cafe」ではお客様にも見える位置に
写真の「カトラリーbox」一式がレイアウトされていますので、お茶やランチのつい
でにチラッとご覧になってくださいませ。古道具やアンティークで統一された什器
にも、しっくりと馴染んでおります。許されることならば、一人でゆったりとした
時間を過ごしたい、そんな貴重な存在です。ああ、一人で文庫本片手にコーヒー飲
みに行きたい…。

ダメ?








gallery comments(0) trackbacks(0)
catalog no.6
今回お持ちする椅子とスツールも少しだけご紹介。

・Semi-Aco Stool
スツールは沢山つくりました。自分の中にある「カタチ」を探し当てるには、手頃
な家具だったのだと思う。色んな種類をつくってみた中の、現時点でのベストがこ
のスツールです。安定感と座り心地、その2点を追求したらこうなりました。是非、
会場で腰掛けてみて下さい。

・beetle chair
モチーフはカブトムシ。元々は息子のためにつくった座面の高い子供椅子でした。
雰囲気が良かったので大人も座れるようにバランスを整えたのがこの椅子。後斜め
60度くらいから見ると、カブトムシっぽく見えるのが特徴です。座り心地も良好也。

もう1脚椅子をお持ちする予定なのですが、良い感じの写真がありませんでしたの
でこちらでのご紹介は割愛させて頂きます。そして気付けば明朝には千葉へ向け出
発です。積み込みは何とか終わりました。もう二度と同じように積めそうにないの
で、ググッとスリムになって帰路に着けることを願うばかりです(笑)。


今回の展示に関しては、製品づくりに集中出来たことは勿論、「表現」という部分
でもじっくりと腰を据えて準備が出来たように思います。什器はすべて新たに準備
したものですし、展示方法も僕たち夫婦の、Semi-Acoの「世界観」をこれまでに
なく体現出来たと自負しています。まだ本番前なのですが…。正直、「表現」とい
う部分に関しては全くもって自信がありませんでした。一気につくり込むことをし
なかったせいか、これまでの展示用什器には統一感もなく「Semi-Acoの根幹」を
体現するまでには全く至っていませんでした。なので「工房からの風」からの入選
通知が届いた2月の終わりの寒い午後、真っ先に頭を過ったのが「Semi-Acoの世
界観をどのように表現するか」というテーマでした。美術や芸術を専門的に学んだ
経験のない僕たちにとっては、ある意味とてつもなく高いハードル。自分がつくる
ものを一番魅力的に感じて貰える空間。それってどんな空間なんや…。ちなみに、
はじめに断っておきますが、特別斬新な展示やアーティスティックな空間演出なん
てものは一切ありませんので悪しからず。というか、至って普通です。でも多分、
一番Semi-Acoらしい、現時点で最高の空間が展開出来ていることは確かだと思い
ます。ま、どんな風に転がるにせよ、これが今の精一杯のSemi-Acoの姿なのだと
信じています。…まだ本番前なのですが(本日2回目)。

誰よりも期待に胸を膨らませているのが僕たち二人なのだと思っています。恐らく
は他の出展者の皆さん、稲垣さんを始めスタッフの皆さん、風人の皆さん、そして
ご来場頂く皆さんも、負けず劣らず同じ思いなのだとは思うのですが。負けません
よ(笑)。会場でお会い出来るのを楽しみにしております。モニュメント前の端っ
こ、庭への入口横のテントでお待ちしております。

それでは12、13日の土日に。安全運転でいってきます。


Semi-Aco 加賀 雅之








gallery comments(0) trackbacks(0)
catalog no.5
ここいらで丸いものをご紹介…。

・ツリカワ(木部:150パイ)
これを製品として世に出す勇気を買ってください(笑)。布物メインの企画展に参
加させて頂いた際、什器的な要素を含めて半分シャレでつくったのがこの製品。基
本はタオル掛け。ですが、お気に入りのショールやストール、男性ならお気に入り
のネクタイなんかをぶら下げて「飾る」感覚でお使い頂いている方も多いようです。
名前は見た目から。「嘘から出た実」的な、Semi-Acoを代表する定番商品です。


・オーナメント(木部:150パイ)
製品化された順番としては、「ツリカワ」よりもこの「オーナメント」の方が先で
す。端材を接ぎ合わせ150角の板をつくり、その板から3つの輪っかを切り出す。
キチンと並べると、木目が通っているのが分かります。個人的にはオーナメントそ
のものよりも、3つの輪っかが映し出す「影絵」を、飽きずに眺めるのが好きです。


何か…並べてみると四角と丸ばっかりですね。ムツカしい技術や洗練されたデザイ
ンとは程遠いSemi-Aco製品群ですが、四角いものは四角く、丸いものは丸く、キ
チンと丁寧に、幾つもいくつもつくり続けられるように在りたいと、日々願ってい
ます。そのための技術と芯を、自分の中に持ち続けたいと願っています。








gallery comments(2) trackbacks(0)
| 1/4 | >>