蒼から
瀬戸内海を間近に見下ろす高松市北浜の少し古いビルの5階から、
「アートと木のある暮らし展」始まっております。前日の設営に
引き続き、初日は在廊させて頂きました。年齢制限なしで飛び入
り参加OKのコラボミニワークショップ(ブローチorキーホルダー
づくり)が思いのほか盛況で、暗くなるまで写真を撮るタイミン
グを逃したままになってしまいました。なので画像は設営後に撮
った一葉。コラボものを並べているの展示台は久々につくったテ
ーブルで、しかも初めてつくってみた一枚板。やってみた感想と
してはやはり重たい…。接ぎ合わせ(複数の板を接着して天板を
つくる)みたいに厚みを自分で決めるのと違って、一枚板だと薄
くするのが何だか申し訳なくてなるべく目一杯つかわせて頂こう、
なんて思ってると運ぶのもひっくり返すのも一苦労。狭い作業場
に脚二組と天板並べたらあっという間にいっぱい一杯になるしね。
大物、小物に定番もの、企画もの、たくさんご用意してお待ち致
しております。二年に一度のペースでお世話になってきたデザイ
ンラボラトリー蒼さんも、来年からは営業スタイルを一新される
そうなので、このスペースでの展示はラストになるのかな?歩い
て数分のところにあるカフェumie同様、僕のものづくりの原風
景の一つであるこの場所を決して忘れてしまわないよう、刻み込
むように蒼での時間を過ごしたいと思っています。二人展は勿論
ですが、窓から広がる穏やかな瀬戸内の海を、行き交うフェリー
の(海なのに何故か)牧歌的な雰囲気を楽しみに、お運び下さい。














 
業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
アートと木のある暮らし展
2年に一度のペースでお世話になっている香川県高松市の「北浜
alley デザインラボラトリー蒼」さんでの二人展のお知らせです。今回ご一緒させて頂くのは、画家でアーティストの山口一郎さん。
ずいぶん前から作品は存じ上げていて、子どもたちもコルク人形
のワークショップに参加させて頂いたりしたこともあったのです
が、キチンとご挨拶してお会いするのは9月の打ち合せが初めて
の機会。何でしょう、イメージ通りの方でした(笑)。時間を掛
けて世に出てきた人特有の、「本物感」を感じてしまいます。取
って付けたものが何一つない人、といった印象。偉そうな物言い
でスミマセン。ただ一言だけ、僕も山口一郎ファンなのですよ。

今回はコラボものもいくつかあって、「企画展色」がやや濃いめ
です。会期前のネタばらしは良くないので徐々にご紹介してゆけ
ればと思います。お楽しみに、あんまり期待せずお待ちください。

「アートと木のある暮らし展」
2019.12.8 sat 〜 12.24 mon 13:00〜20:00
デザインラボラトリー蒼 高松市北浜町5-5 大運組ビル5F
詳細はこちらまで→

今年最後の展示!お忙しい最中ですが、是非お運びくださいませ。










業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
滞る
決して止まることなく、手とアタマは常に動き続けてはいるので
すが。滞り勝ちです、ブログの更新。世の中の主流は間違いなく
SNSでの情報発信に傾いていて、おかげ様でこのブログへのアク
セス数も一時のことを思えばずいぶん落ち着きを取り戻し、書き
手としてはホッとするやら安心するやら「こうでなくっちゃ!」
という思いで眺めております。同時にこんな時代に尚このブログ
に足を運んでくださる方々には、本当に頭の下がる思いなのです。今月に入ってから、12月の二人展に向けた制作に追われ、普段
とはことなる大物や特注品なんかもつくっている関係で、やや調
子が狂ったりもしています。作品の大小に関わらず、新しいもの
や初めてのものに取り組む時はそれなりに集中力と時間が必要に
なるものなのです。当然納得のいくモノをつくりたい。そのため
の努力は惜しまない。でも、いざカタチになって見ると「アレ?
」なんてこともあったりして。でもその「アレ?」が時間を置く
と「エエやん!」に変わったりするもんだからややこしい(笑)。

ブログの更新は滞り気味ではございますが、悪戦苦闘の日々は続
いております。温かくも緩やかなお気持ちで見守ってくださいね。












徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
年末感
漂ってきています、年末感。あっという間に11月がやって来て、
カンタが12歳の誕生日を迎えて、年末のイベントの準備と通常
の納品を合わせてバタバタしていたらもう半月が経ってしまって
いる。焦りますよね。ハロウィンが済んだかと思ったら(あんま
りウチには関係がない)町(といってもスーパーやコンビニ)が
すっかりクリスマス仕様に様変わりし、お正月のおせちの受付ま
でもが始まっている始末。いやー、何というか色々大変ですよね。ウチは8月の嫁さんの誕生日に始まり9月が僕、10月がハルコ、
そして11月がカンタで12月はクリスマスと、夏から年末に掛
けて本来なら毎月ケーキが登場することとなります。でもそんな
事情もあってか、毎月まともにケーキが登場するとは限りません。
「お誕生日」がそれほど盛り上がらないお年頃にも差し掛かって
きてますしね。イベントごとは少々お腹一杯な感じでもあります。

さて大阪府和泉市のモノスタイルさんでの企画展のお知らせです。
今回は「クリスマス展」とのことですので、セミアコからは「木
のツリー」のみでの参加となりますが、お近くの方は是非お立ち
寄りください。年末に向け、気分を盛り上げて頂ければ幸いです。

「手しごとのクリスマス展」
2018.11.29(THU)-12.22(SAT)
モノスタイル mono style
詳細はこちらまで→









業務連絡 comments(0) trackbacks(0)
手でつくる
穏やかな日々を過ごしつつ、でも12月の二人展のことなんかも
頭によぎりながら地味にソワソワしている今日この頃。皆様いか
がお過ごしでしょうか。こないだの土曜の話しなのですが、「ス
ロウな本屋」さんで開催された『おむすびのにぎりかた』著者の
宮本しばにさん おむすびワークショップ
に参加させて頂きました。ホントはワークショップで使う木のお皿の貸し出しということで
当日お伺いさせて頂いたのですが、午後からの部に欠員が出たと
いうことでスロウな本屋さんのご好意で急遽参加させて頂くこと
に。おむすびを握るって何年ぶりのことだろう。しばにさんのお
話しを聞きながら、思いがけず母親の握るおむすびのことを思い
出す。僕は普段家で仕事をしているので当然昼ご飯も家で食べる
のが普通。朝ご飯に握ったおむすびが昼ご飯で出てくることも多
く、多分一般的な家庭よりもおむすびをよく食べているような気
もします。ただ子どもたちのことを思って握られたおむすびはや
や小振りで、いつの間にかそれが「普通」になっていたのでした。
でもワークショップの最中にしばにさんが「おむすびの思い出、
なあい?」と問いかけられるのを聞いて、不意に思い出したのは
母親のおむすびだったのです。子どもの頃、兄と二人兄弟の僕た
ちに出されていたおむすびは俵がたで、しっかりと握られた密度
と質量の高いおむすびでした。憧れた混ぜご飯などではなくシン
プルな梅干しか塩昆布で、とにかく腹持ち重視なおむすびでした。
そして何も考えずに握ったおむすびは、やっぱり俵がただったの
でした。握りが甘く、食べてる最中から崩れそうになりましたが。宮本しばにさんという方について、申し訳ないのですが何の知識
もないまま「初めまして」とご挨拶させて頂きました。でも何と
いうか、お話しがまるで法話のような、説法のような。分け隔て
なく振る舞われる様はとてもチャーミングで、とても魅力的な方
でした。購入させて頂いたご著書にサインを頂いた時はまるで人
生相談か何かのように(笑)色々とお話しさせて頂き、最後には
「頑張ってね!」と励まして頂いてしまいました。でもとても素
直に、「ありがとうございます」と頭をさげる自分がいて、もっ
とお話しを聞いていたいな、もっと話してみたいな、と思わせて
くれるとても素敵な方でした。とても貴重で、大切な一時でした。

今回はお皿の販売等は特に行なっていなかったので後日談として
のご紹介だったのですが、ワークショップでお使い頂いたお皿類
の注文はスロウな本屋さんで受け付けてくださるとのこと。気に
なった方はスロウな本屋さんまでお問合せください。

スロウな本屋さん、宮本しばにさん、ミシマ社のお二人、そして
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。楽しか
ったです。またの機会を楽しみにしています。












徒然・・・ comments(0) trackbacks(0)
そして日常へ
16日の夜中に無事美作の古家に戻ってまいりました。今回の総
移動距離は実に1400キロ!先日走行距離が18万キロを越え
た軽バンは追い越しなんかで時速110キロを越えた辺りからハ
ンドルがブルブルと震えだし、これはイカンと100キロ前後で
の走行車線オンリー、のんびりドライブと相成りました。お陰で
行きの到着時間がズレ込み、見事に首都高前からの渋滞にハマっ
てしまいましたが…。それも今となっては笑える良い思い出です。工房からの風、楽しかったです。どんなイベントでもそうなので
すが、工房からの風では得るものが大きい気がしています。特に
目に見えない部分というか、心持ちの部分に於いて。5年前に出
展させて頂いた時よりかは僕自身も落ち着いていられたし、自然
体でいられたようにも感じています。自分自身と向き合う機会を
得られる場所というのは、それだけで特別なものなのだと思う。「ハレとケ」ではないですが、ゆっくりと日常生活に戻りつつあ
ります。それなりに頑張ったので今回は右肘が悲鳴をあげていま
す。ここからは無理のないよう、時間をかけて日常生活に馴染ま
せてゆこうと思います。「ケ」があってこその「ハレ」ですから。

文末になりましたが、お運びくださった皆様、お買い求め頂いた
皆様、そしてスタッフ並びに風人の皆様、本当にありがとうござ
いました。5年前にも感じたことなのですが、僕は工房からの風
そのものが、一個の作品なのだと思っています。会場に脚を運ん
でくださったお一人お一人も、我々出展作家も、風人の皆さんも、
工房からの風という大作を構成する必要不可欠な存在だったのだ
と、信じています。幸せな時間でした。ありがとうございました。












たび旅 comments(0) trackbacks(0)
キカクガイ(non-standard)
一点ものに挑戦したい、などと勢い余って書いてしまいましたが
残念ながらそんな突拍子もない作品をつくれるようなタマでもな
く…。その意図というか、言わんとするところを改めて補足させ
てください。実際にやってることは大して変わっていませんので。「同じ形を何個も何個もつくれる技術と芯を身につけたい」とい
う思いは、今も変わらず在ります。そしてその思いが、いつしか
加賀雅之という木工作家の特徴の一つになっていた、ということ
も僭越ながら認識しています。ただ「規格の寸法」という物差し
をかざすばかりに、歩留まり(ムダの出ない)の良い材、悪い材
という区別が生まれたり、少しばかり寸法が足りないがために一
回り小さい作品にしか使えなかったり、規格がある上の理不尽さ
みたいなものを感じ始めていたのも事実でした。今回「工房から
の風」を機会に新たに挑戦してみようと思ったのは、いわばマイ
ルールに過ぎない「規格」に囚われることなく、材(木)本来が
持つ自然なカタチをなるべく無駄なく活かした作品づくり、とい
うシンプルな着地点です。なので意図的なカタチではありません。
僕の意図としてはせいぜいバランスを整えるくらいのもので、大
枠としては材そのもののカタチから、白太や割れなどを取り除い
た程度。あとは使いやすそうなサイズ感のみです。多少は僕らし
いと感じて頂けるよう、刃物の種類は変えていますがこれまでの
スタイルを踏襲してみたつもりです。とんでもない作品を期待さ
れていた方にはスミマセン。直球勝負ばかりやって来た僕の、思
いつく限りの変化球が緩いカーブだった、くらいの話しなのです。

「工房からの風」当日を前に、これが最後の更新となります。先
ずは2日間晴れることと無事に楽しめることを願って、一路東へ
と軽バンで目指します。たくさんの良き出会いに恵まれることを
願って。鎮守の森で、お会いできるのを楽しみにしております。











gallery comments(0) trackbacks(0)
楕円豆皿
「工房からの風」を直前に控え、慌ただしく作品の紹介なんぞし
ております。普段からちょこちょこと紹介しておけば良いものを
気がつけばほとんど仕事(木工)とは関係のないことばかりダラ
ダラと書き綴ってしまうこのブログ。タイトルに「木のものづく
り」と謳っているにも関わらず、です。いやはや何とも面目ない。言い訳ばかりで恐縮なんですが、自分のつくったモノの写真を撮
る機会があんまりないもんで、そうなる傾向にあります。画像と
文章がまったくリンクしてないのも何だかなあって気もしますし。そういえば嫁さんが管理人を勤めるインスタグラムも、ここ数日
は熱心に更新されている様子。僕が管理するこのブログと内容や
画像がリンクしないのはご愛嬌。手磨きにオイル塗り、梱包作業
に梱包資材の買い出し、手配など、普段の子育てと主婦業に加え、
まさに大車輪の活躍!これ以上贅沢をいったらバチが当たります。
三連休、ヒマを持て余したハルコさん(小2)、作業場の掃除を
買って出てくれました。常に何かしら喋りながら、時には「ハル
コはどこに隠れているでしょうか?」などとのたまいながら。機
械を回す時以外はなるべく自由を与えつつ、この家のピンと張っ
た緊張感を幼心に感じ取り、彼女なりに出来ることを考えた結果
の行動であることを理解している父としては、無下に「邪魔!あ
っち行け!」と言うこともできず、「自宅兼工房あるある」の一
つやな、などと思いながら黙々と手を動かすのでした。お兄ちゃ
ん(小6)は什器に使う板にペンキを塗ってくれました。途中、
宿題が終わっていないことが発覚し嫁さんにひどく怒られてまし
たが…。今は大事な時なんで空気を悪くするのはやめましょうね。

豆皿の話しは…画像が3つもあるので大丈夫かな?いい感じです。
個人的にも気に入っているアイテムです。現物を手に取ってご覧
頂くのが一番だと思いますので、今週末は是非工房からの風へ!












 
gallery comments(0) trackbacks(0)
ヒトエダサシ
「工房からの風」のHPに載せて頂いている画像は、申し訳ないの
ですが新しく撮影したものではなく、少し(だいぶ?)前に撮影
したものばかり。なのでモノによっては前にもどこかで見たこと
のある画像だったかも知れません。勿論、HP掲載に向けて新たな
画像を準備しようと画策していたのですが、画像の提出期日まで
にスッキリと晴れた日がやってこず、自然光で撮影する僕にとっ
ては何とも暗い絵面になってしまう。たまに晴れても今度は仕事
の手が離せない。きっと以前の僕なら、それだけでイライラして
「晴れてくれ!」などと叫んでいたに違いない。でも今回は少し
違って「まぁしゃーないか」と素直に受け入れている自分の姿が。
とは言え、元々マメに写真を撮る習慣のない僕にとって画像問題
はいつもいつでもついて回る厄介な課題の一つでもあるのです。カメラマンの友人が以前「撮影は基本『待ち』だから」と教えて
くれたことがあります。自然光で撮影する場合は特に、一番良い
状態の日差し(光)になるまで撮影すらせずにひたすら待つのだ、
と言って子ども達と遊んでいた彼女を思い出します。照明設備の
充実した環境ならいざ知らず、なるほどそういうものなのかと妙
に納得したものです。ここ最近の荒天続きにはいくら文句を言っ
ても言い足りないけれど、言ったところで何にも変わりはしない。
諦めて画像を送った数日後、久しぶりに気持ちの良い秋晴れが広
がったので、ここ数日ご紹介している画像の撮影と相成りました。

で、ヒトエダサシです。イチリンザシよりも大振りなもの、枝も
のを飾りたいという思いからつくり始めました。散々考え、悩ん
だ結果、死ぬほど素っ気ないカタチに落ち着きました。この勇気
と英断を、ほんの少しでも感じ取って頂けたら本当に嬉しいです。

件のカメラマンの彼女、人を撮る時は時間を掛けて人間関係を構
築し、心を開いてくれるまでは一切カメラを向けない、というス
タイルでした。それもきっと『待ち』の一つだったんだろうなと
今なら分かる気がします。焦っても仕方ない。ボチボチいきます。











gallery comments(0) trackbacks(0)
round plate(ラウンドプレート)
「おごらず、人と比べず、面白がって平気に生きなさい」

なんて素敵な言葉なんだろう。先日亡くなられた樹木希林さんの
言葉です。こんな風に生きれたらと、心から思う。44歳になっ
た今も、フラフラとグラグラと必死に取り繕う日々。せめて「も
のづくる」ことに対してくらい、希林さんの言葉通りでありたい。round plate(ラウンドプレート)という名でつくり始めた楕円
皿。せっかく旋盤(丸いお皿や丸棒をつくる機械)を持っていな
いのだから、まん丸じゃないお皿をつくった方がらしさが出る。
アタマの中のイメージとしてはずいぶん前からあったのですが、
実際にカタチにできたのはまだ最近のこと。oval(オーバル)と
いう言葉は昔からよく耳にするので違う言葉を使いたい、と思っ
てround(ラウンド)という言葉を選びました。roundには円形
という意味の他に「ほぼ丸い」という意味もあって、これが僕の
中にあったイメージにピッタリで、実にシックリときたのです。画像はありませんが、お皿の裏側には「手仕事」の跡がちゃんと
残っています。写真に撮るとなんて素っ気なくて華のないお皿な
んだと少し寂しくもなりますが、現物はそれなりに存在感もあり
ます。是非とも現物を手に取って、心ゆくまでお確かめください。











gallery comments(0) trackbacks(0)
| 1/89 | >>